ぽっこりお腹のせいでズボンが履けなくなった(-_-;)、、、痩せるまでの期間

ぽっこりお腹になってから私のズボンの精鋭部隊はなんと、80%が死滅致しました。

正確に言うと、死滅はしていないのですが、長期戦線離脱状態です。

履ける状態ではありません。
もし無理に履こうものなら、ボタンと自腹の内戦がへそのあたりで勃発致します。

腹回りの肉、恐るべしです。

その後買い足したズボンで、なんとかまかなっていますが、

今の体型に合う大きめのズボンを今持っているズボンの本数以上に

購入するということが、

痩せてから全く履けなくなるズボンになると思うと、(-_-;)

『か…頑張って痩せるか…』となり、なかなか買えない始末。

「なんなら痩せちゃるわい!!!」ということですが、

では具他的に痩せられるまでの期間という目安はあるでしょうか?

つまりこの運動を続けてていつになったら痩せられるのかということです。

カロリーと脂肪に対する関係がここにありますので、

ここから例えばで算出してみます。

体重1gをカロリーに換算すると、7.2kcalだそうですので、
1kgは7200kcalですよね。

そして、個人差はありますが、
私の場合、15kg減量しなくてはいけませので、
7200x15=108000kcalの消費が必要となります。

もし1日の消費カロリーの収支を
平均-500kcalにもっていけたとしたら、
216日大体7ヶ月かかるということですかね。。。

「な…七ヶ月かー…..結構長いのね^_^;」

そういえばデブだなと気づいたのは、いきなりでしたが、
じわじわ太っていた期間はもっとあったような気がします。(反省)(-_-;)

もちろんもっと複雑でしょうが、
7ヶ月というのは結構長いですね。
びっくりでございます。

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

勿論ですが、これはもしもの例えになるので、
参考になりやすいという方、全くならないという方色々でしょうが、

一例として、目標を定めるのもいいかもしれません。

私もズボンを履けるように頑張っていきたいと…

30代のダイエット!減量に必要な心拍数とは?!

心拍数とダイエット

こんばんはぶーたんです。
減量に必要な、心拍数というのがあるのをご存知でしょうか?

フィットネスに通いはじめ、
はじめて疑問に思い、
私は初めてこれを知りました。

正直痩せるのであれば、
カロリーさえ消費すれば、いいとおもっていたので結構びっくりです。
ワオッ!!!(*_*)

これにはいろいろ指標がある様ですが、一番有名なものを載せておきますね。

まず先に運動強度というものが、あります。

減量運動に【目安となる強度】と心拍数の関係

健康の維持・増進 0.5~0.6
体重減量、筋力の維持・増強 0.6~0.7
筋力・体力の増強 0.8~

この数値を覚えておいてください。
覚えていただくのはもちろん、
【体重減量、筋力の維持・増強】の0.6~0.7

です。【健康維持・増進】では少しはやせるのでしょうが、
ダイエット目的にしては少し物足りないフレーズですので。

そしてこの数式です。

「(220-年齢)×目安となる運動強度」= 1分間心拍数

これに30代ポッコリおなか対策室でうので、
30代の指標となる数値をいれていきましょう。

【目安となる運動強度】に
【体重減量、筋力の維持・増強】の0.6~0.7の間をとり
0.65で代入してみます。

加えて【年齢】も30代の間をとって、
35歳を代入してみます。

数式は

「(220-35)×0.65」= 120.25

となりました。

つまり120位の心拍数を目指して運動強度を調整すればいいということですね。

ランニングマシーンフィットネスクラブやスポーツジムに行きますと、
ランニングマシンやフィットネスバイクがありますので、
一度それを使って120という指標がどれほどのものかを
測ってみるといいかもしれません。

逆に120以下の健康維持などの目的だけであれば、
120を下回る数値でかまわないのですが、

減量目的となると、
理想の数値はそれでは足りません。

だだゆっくり歩いていると、どのくらいの心拍数か??

私はよくスポーツジムでランニングマシーンを使うのですが、

なるほど、ただ歩いてるだけでは、

この数値に達しません。

大体100前後になってしまいます。

すこし汗ばんで、息が荒くなる感じでないと、
運動強度が足りないみたいです。

歩くだけで全く痩せないということではありませんが、

ダイエットには向いてないということかもしれませんね。

ということで「エッサホイサ」走るのがあまり好きではないので、
ランニングマシンを5.0km/h前後に設定して、
傾斜で調整しています。

運動強度は強ければ強いほど痩せるみたいなので、

「すぐ痩せたい」といった方にはいいかもしれませんが、

しかし前記事でも取り上げましたが、リバウンドが怖いので

嫌になって挫折するよりは、継続命です。

 

いやはや、

なかなか、デブの身体とはわがままなやつですね…

といいながら今日もダイエットなのですが…