一日の職種、生活、動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

生活強度

一日の動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

こんにちはブータンです。

あなたはどんなお仕事そして、ライフスタイルをしていますでしょうか?

私は転職してからというもの、デスクワークがとても多いので、

それを境にといっていいほど、デブになりました。

以前は仕事がら圧倒的に歩く時間が多かったので、

デスクワークになってからというもの、いきなり太りはじめたという感じです。

前記事の

【30代でお腹がぼっこりたるんでしまうその理由とは?】

でも生活強度をからめた記事を書かせて頂いたのですが、

今回も同じ厚生省の表を使い記事を書かせて頂きます。

一日の生活のエネルギー必要量を左右する、生活活動強度とは..

生活強度別エネルギー所要量

年齢が上がるにつれ一日に必要な消費カロリーは徐々に必要ではなくなっていきます。

しかしここにもうひとつ【生活活動強度】というものがあります。

表をみていただければ、わかるのですが、年齢の増加とともに必要でなくなる、

一日の消費カロリーより生活強度に左右されて、

一日に必要とされる消費カロリーが増える方が大きいことが、わかります。

つまり、

考えてみればあたりまえのことですが、

デスクワークの事務仕事中心という方と、

外回りの飛び込み営業の方であれば、一日の消費カロリーの差は歴然です。

生活活動強度の目安から自分の生活活動強度を算出。


生活活動強度の区分(目安)


生活活動強度と指数(基礎代謝量の倍数)

日常生活活動の例

日常生活の内容


生活動作

時 間
Ⅰ(低い)1.3 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

1211

1

0

0


散歩,買い物など比較的ゆっくりした1時間程度の歩行のほか,大部分は座位での読書,勉強,談話また座位や横になってのテレビ,音楽鑑賞などをしている場合
Ⅱ(やや低い)1.5 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

109

5

0

0


通勤,仕事などで2時間程度の歩行や乗車,接客,家事など立位での業務が比較的多いほか,大部分は座位での事務,談話などをしている場合
Ⅲ(適度)1.7 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

6

1

0


生活活動強度Ⅱ(やや低い)の者が,1日1時間程度は速歩やサイクリングなど比較的強い身体活動を行っている場合や,大部分は立位での作業であるが1時間程度は農作業,漁業などの比較的強い作業に従事している場合
Ⅳ(高い)1.9 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

5

1

1


1日のうち1時間程度は激しいトレーニングや木材の運搬,農耕作業などのような強い作業に従事している場合

厚生省保健医療局生活習慣病対策室、生活活動強度の区分(目安)

これは、一日を24とした場合、の生活における行動を表しています。

もしあなたが、デスクワークであったり、

家にいて、あまり体を動かさないという方であれば、

当然の如く、生活活動強度のレベルが低いという方よりも

多く運動しなければならないということになります。

少し気をつけた方がいいかもしれません。

レベルは五タイプにわかれていますが、

大体の目安でレベルが幾つかということがわかると思います。

私は鯖読んだとしても、レベルⅡかⅢといったところでしょうか。(-_-;)