寝て痩せる?睡眠ダイエットのススメ。

前回のに引き続き睡眠にまつわる事を書いて行きたいと思います。

今回は

睡眠不足は太る、その逆によく寝る子は痩せる!

です。

今回も寝るということがテーマなので、

癒し系音楽で行きたいと思います。

てかこの手の音楽は、長い。。。

基本1時間位の長さがあります。

序盤数分で記事が読めてしまうので、あんまり意味無いかもしれませんが悪しからず。

睡眠時間をよくとることができるか、

というところはかなりお仕事や環境に左右されてしまう部分でもありますので、

どうしょうもないという方も多いかとは思いますが、

前回の記事でも書いたように

行動 時間 消費カロリー
睡眠 7時間 449kcal
歩く 30分 70kcal
自転車 20分 76kcal
階段昇り降り 5分 24kcal
デスクワーク 5時間 506kcal
洗濯 20分 46kcal
買い物 30分 70kcal

睡眠中のカロリー消費量は中々あなどれないものがあります。

 

そしてさらにアメリカのコロンビア大学の調査では、

睡眠時間が4時間未満の人は7時間未満の人の

1.73倍の肥満確率になるそうです。

これが5時間で1.5倍

6時間で1.23倍です。

ここで素朴に「寝ている時のカロリー消費が中々なことはわかった」

「しかし、起きている時の方が単位時間あたり、結局カロリーを消費しているじゃないか」

と思います。

 

思いませんか?私は思ってしまいました。(笑)

原因はカロリーを消費するということだけではないようです。

つまり睡眠不足から起こる弊害が多いため太りやすくなってしますのです。

例えば、

睡眠不足が起こると

   ストレスが溜まりいつもより過食気味になる

   自律神経の乱れから、太りやすく痩せにくくなる

   太りやすいホルモンでやすく痩せやすいホルモンがでにくくなる

   食欲を抑制してくれるホルモンもでにくくなる

 

という感じです。

つまり生活全般を通しての乱れが大きくなるということですね。

 

個人的な話を言えば、

「睡眠不足になると自律神経がなんちゃらかんちゃらとかホルモンホルモン」

といくら言われても

『自律神経が乱れているな』とか

『おいらのホルモンバランスまじ今やべ~』とか

全く感じられませんが、仕事の効率が悪くなったり、イライラしやすくなったり

ぼーっとしたりと睡眠不足は大嫌いです。

そしてなんか食べたくなるという感じは否めません。

 

「嫌いなこと何?」

と今効かれたら

「寝れないこと!!!」

とつい今ならこたえてしまうでしょう。きっと(*_*

なので

「寝る前に食事をしてしまったので、すぐ寝るわけにはいかん!!!」

と言いつつ、なんだかんだ夜更かししてしまうのもあまりいいことではないかもしれません。

 

しかし、以前にも書きましたが、寝る前に食べるラーメンだけには特に気をつけてください。

破壊力抜群です。

正直、人様に注意喚起できる立場に全くいませんけどね。(T_T)

 

ということで脱線しましたが、結論は

ダイエットのためにも、睡眠時間をできる限りでいいので長く取りましょう。

といっても16時間とか寝なくてもいいとは思いますが、

寝れる人っているんですよね。

私じゃないですよ(汗)知り合いに。

お前はモグラか?と言いたくなります。

あれはあれですげーと思うのですがwww

 

それでは良い夜を。

 

おやすみなさい~。

ダイエットは運動と食事制限が王道ですが、 その王道ダイエットができないときは。。。

1件のトラックバック