太るホルモンが甘いものは別腹を可能にするメカニズム。

動画はイメージです。(すこし無理あるかな。。。)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

睡眠不足からホルモンのバランスが崩れる→太る体内分泌ホルモンの分泌が多くなる。

これは前回の寝て痩せるダイエットのススメにも記述しましたが、

人間の体には常にニュートラルな状態に戻そうという力が

体内分泌ホルモンの命令で体の状態を正常にしようとします。

しかしこの中にもバランスを崩すと結果的に

太りやすくなってしまうホルモンというものがあります。

その太るホルモンて???ということで痩せたいと思っているという方には

邪魔でしか無い太りやすくしてしまう悪役のご紹介です。

焼き肉ホルモンではありません。体内分泌ホルモン。

太るホルモンの代表格には2つあります。

もっとあるのかもしれませんが、ここでは有名なものを2つ

①インスリン

インスリンの主な役割は

血液に流れる糖の成分を体内に中にエネルギーとして取り込むように促すホルモンです。

 

このエネルギーを使って生活をするわけではありますが、

当然このエネルギーを使い切れない事態が起きますと。

そのエネルギーはめでたく脂肪として変換され太ってしまいます。

よく糖尿病なんかでも耳にしますが、

糖尿病になるとインスリンが減り痩せるという話もありあます。

また糖尿病の方は糖尿病を優先的に治療ください。

 

②グレリン

例えば、

「お腹い~っぱい」と言っていたにもかかわらず、

デザートを食べ始める彼女。

いわゆる”別腹現象”を生み出しているのがこのグレリン君です。

つまり食欲を増進効果を発揮してくれます。

リバウンドにも一役買ってくれる悪役ですな。

こいつのさらに困るところは、痩せるホルモン、レプチン君の分泌までも抑制してしまうことです。

つまり、

レプチン君、グレリン君公開バトル

レプチン君:

もう太からやめておいた方がいいよ…(・・;)

 

グレリン君:

「うるせ~!レプチンはだまってろ!!!

もっと食べたいんじゃ~!!!

ムキ~!!!( ・`д・´)」

という感じですかね。

グレリン君は睡眠不足でパワーアップしてくるので

しっかり寝る事はやはり大切です。

あとはストレスでもこれが増えると言われています。

 

ストレスがたまらないんだったそれに越したことはないよ。。。(T_T)

と言いたくなってしまいますが、なんとかしていきましょう。

 

 

ダイエットは運動と食事制限が王道ですが、 その王道ダイエットができないときは。。。

1件のトラックバック