痩せるホルモン、リバウンドをなるべくしないダイエット方法

前回悪役太るホルモンについてお伝えしたので、

本日は正義の味方痩せるホルモンをご紹介します。

今回もイメージソングを流しながらお読みいただくと混乱するかもしれません。

正義の味方ソングを選ぼうとして、これになってしまう自分のキャパの少なさwww

アンパンマンマーチを改めて聴きながらどうぞ!

(聴きたくないという方は再生を押さないでくださいm(_ _)m)

ホルモンは体の環境を一定に保つために、

体内に偏りが生まれた時にそれを元に戻そうと体内に信号を送ってくれる頼もしい存在です。

その中でも、痩せるということに関して一役買ってくれる体内分泌ホルモン3種のご紹介です。

ホルモン3種!

 

①グルカゴン

グルカゴン、なんか読み方が完全に悪役チックなのは気のせいでしょうか?

怪獣グルカゴンみたいな。。。。

それはさておき、

前回の太る原因を促進するインスリンとは逆に、

グルカゴンは血液中にエネルギーを放出してくれる働きがあります。

例えば、筋肉や肝臓に蓄えられた糖や脂肪細胞の脂肪を血液に放出するといったことです。

②アディボネクチン

痩せるホルモンの代表格であるレプチン君を助ける働きがあります。

そして悪役インスリンが正しく働くようにする調整役、

血管の修復にも働く結構何でも屋さんという感じです。

”長寿ホルモン”というアダ名もあるあるように

長生きする人にはこれが多いと言われています。

調整役で長生きといえばジャムおじさん的存在か???(無理やり)

軽い運動で増やすことができるそうなので是非。

③レプチン

インスリン君、レプチン君バトルでも紹介したとおり、

インスリン(食欲を増進するホルモン)と相反する効果を見込むことができます。

つまり食欲を抑制する効果があるのです。

しかしこのレプチンの特徴としては、

脂肪細胞が減ると同時にこのレプチンも減少してしまいます。

つまりダイエットをして脂肪を落とすと

それと一緒にレプチンは一時的に減少してしまうということです。

これがリバウンドが起きてしまう一因です。

ダイエットの初期にはこのレプリンが減り、インスリンが増えることで、

食欲を増してしまうからです。

このレプチンは一時期脂肪とともに減少しますが、

その後また増加しますのでまた元に戻るまで我慢しましょう。

それがリバウンドを防ぐダイエト方法にもなります。

以上が痩せるホルモンの代表格です。

そして太る悪循環を超単純化しますと。

ドカ食い!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

インスリン増える

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

レプチン減る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

食欲アップ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さらにドカ食い

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

以下繰り返す。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

という感じで、ホルモンの助けを借りて雪だるま式にデブリン子になっていきます。

この悪循環をどこがで切ることがかなり大事な要素となりますよね。

そういえば昔は大盛りしか食べてなかった~。(・・;)

今でもたまに食べてしまいますけど。

 

全く関係のない話ですが、

アンパンマンマーチって歌詞がかなり深いっすね。

少し哲学チックっていうか?

「生きるよろこび、たとえ胸の傷がいたんでも」

って。。。随分崇高な生き方だな。。。胸の傷ってなんやねん??

 

しばらく見入ってしまいました。(笑)

 

 

ダイエットは運動と食事制限が王道ですが、 その王道ダイエットができないときは。。。

1件のトラックバック