「カロリーゼロ」って太らない?それとも実は何カロリー?

『カロリーゼロ』っていう表記がありますが、

『ゼロ』って本当に0カロリーという意味なんでしょうか?

『カロリーゼロ』という表記に対しては

100gまたは100mlの食料や飲料に対し5kcal未満であれば

栄養表示基準で表示できることになっています。

つまり、本当のゼロではありません。

例えばこちらの『コカ・コーラZERO』ですが

コカ・コーラゼロ OTGボトル 500ml×24本


正確にはカロリーは0kcalではありません。

『コカ・コーラZERO』は100mlあたり0.27~0.5kcal のカロリーがあるそうです。

仮に0.5kcalだとしても

0.5kcal x 5 = 2.5kcal 

2.5kcalのカロリーが含まれることになります。

しかし2.5kcalであれば太るという事に関しては、

気にするカロリー量レベルではありません。

 

また栄養表示基準の最大値である100mlあたり5kcal未満という飲料があったとすると

500mlあたりは

4.9kcal x 5 = 24.5kcal 

となります。

ジョギング約4分程度のカロリーとなります。

このカロリーを気にするかしないかは人によるかなとは思うのですが、

個人的には気にするレベルでもないかなと。。。^^;

ただがぶ飲みには要注意かもしれません。

 

因みに普通のコカ・コーラのカロリーは500mlで225kcalとなります。

これは『コカ・コーラZERO 』のカロリーの90倍にもなる数値です。

いかに『コカ・コーラZERO』がすごい発明でるかがよくわかります。(汗)

 

ダイエットは運動と食事制限が王道ですが、 その王道ダイエットができないときは。。。

1件のトラックバック