ビールやお酒でぽっこりお腹になるは本当か?!

ビールとポッコリおなか

私はお酒が大好きで、ほぼ365日飲酒という荒くれ者でございます。
(アル中でも酒乱でもございません。たまにアル中やろアル中と言い張る方はいますが。。。(-_-;))
おもいっきりダイエット中ではりますが、
お酒をやめるという気は毛頭ありません。

お酒をやめるという行為は優先順位的に最後であります。

その他にやれることがあるんじゃーーー!!!(ΦωΦ)

という気分でどうにか頑張っている感じです。

とは言え周囲の方々は口をそろえて私のぽっこりお腹をご観覧後、
「お酒をやめましょうね、もうじじーなんだから。。。」

とやんわり厳しい心に刺さって取れない、お言葉を投げかけてくるのです。

ぽっこりお腹⇒お酒をやめろ

という構図はいささか何かの条件反射としか思えません。

しかし世の中には、
「お酒で太るんじゃない、おつまみで太るのだ。」

というご意見もございますので、
「お酒だけのんでれば太らない」というめちゃくちゃなご意見も踏まえつつ。
お酒やビールの破壊力をリサーチ致しました。

太る理由その1:ビールを晩酌のカロリー

まず王道カロリーの破壊力です。
ここではグラムのわかる写真館さんよりご拝借!m(_ _)m

ビール100mlあたりでは

ビール 40kcal
発泡酒 45kcal
黒ビール 46kcal
スタウト 63kcal

という結果になりました。

うーむ大体私が飲む量が平均1000ml位なので、
一日500kcal弱というところでしょうか。

多い時は軽く2000mlは超えていると思うのですが、、、、(^_^;)

と500kcalといいますと、
最近の記事で、30代男性の一日分の理想的なカロリー摂取量が

約2000kcalですので、
ダイエットを志す者としては、ココを1500kcalくらいに抑えたいところ。。。

となりますと

一日の飲酒量のみで大体一食分を食べてしまってることに。。。(*_*)

恐るべし、糖質、麦芽コンビ。

ということで、嗜む程度という方はセーフかもしれませんが、
大酒のみは完全アウトですね。

しかもこれおつまみ抜きなので。

太る理由その2:アルコールで肝臓さんが脂肪分解機能減退。。。(*_*)

加えて肝臓には脂肪を分解する酵素を出す機能もあります。

「リパーゼ」という酵素ですが、

当然アルコールの分解で大忙しや、肝臓が肥大し、肝脂肪がつきすぎるとなれば、
この働きは抑制されることになるので、

まさに最強タッグといったところでしょうか。

特にお酒がぽっこりお腹のみに脂肪をつけるというような事はないのでしょうが、
肥満に一躍かっているということには変わは全くないようです。

お酒好きはここ悩みどころですな。