やまや明太子のカロリー、食べ過ぎは太るか?

明太子おにぎり私は昔から明太子が大好きです!おにぎりでいったら焼いてない方の明太子入り。

でも明太子って結構高いので、なかなか気の済むまで食べることは出来ません。
そんな中友達から明太子の食べ放題のお店を教えてもらいました!「やまや」という福岡のお店なのですが、その他の地域にもあります!
友達に教えてもらって行って以来完全にハマってしまい、今では2週間に1度は行っています(笑)

なんと1000円明太子がたらふく食べられまず!
明太子だけじゃなく、その他のおかずもめちゃくちゃ美味しいんです。私のお気に入りはからあげです♪
いつもすごい人なのですが、店員さんが素早くて開店も早いので全然並ばないでいいんです。
店員さんも皆元気いっぱいで、愛想もいいです!!
明太子好きの私にとってはもう夢のようなレストランで(笑)
いつも食べているとき幸せです。
私もたくさん友人に紹介したのですが全員ハマりました!
こんなにお腹いっぱい美味しい明太子が食べれるのってここだけだと思います。是非行ってみてください!

と言いたいところですが、その前にその明太子のカロリーやいかにって感じになりましたので少しリサーチしてみました。。。

明太子は太るか?

明太子のカロリーは調べてみますと大体100gで126kcalとの事です。やまやの明太子に限らず他の明太子でも色々と差があるのかもしれませんが多分小さい差なので考えるのはやめましょう。

というか大きな差があればあったでなんか化学的な事がおきちまったんじゃないかとも思ってしまいます。

明太子の重さは1腹大体80g前後だそうで、これ1本だと100kcalです。という事でいくら食べ放題とはいえ3腹位いってしまうと明太子のみで300kcal。他のおかずやご飯とコラボすればその分だけパワーアップです。

因みにご飯の100gあたりのカロリーが170kcal前後という事で明太子の方がダイエットコスパはいいのかもしれませんが、塩分とりすぎや痛風の事を考えるとそれなりに躊躇したくなります。

結局

という事でダイエッターとしてはカロリーのみを気にすると、そこまで破壊力がある食べ物とは言えないので中堅クラスのカロリーでしょうか。ただ食べ過ぎは禁物ですね。。。食べ放だからここぞとばかりにおりゃ~と行くと高確率で『増』まっしぐらでしょう。

何はともあれ、『◯◯放題』は油断禁物です。

まあでも明太子は好物の中でも外せない逸品でもありますし、たまに食べたくもなってしまいますので。。。やまやの明太子はネット通販でも購入できます。お店に通えなくなったら通販で注文してみようかと。

1kg痩せるのに必要な期間はどの位?消費カロリーから考えてみた

1kg1キログラム痩せる消費カロリーは大体7000キロカロリーと言われています。7200キロカロリーですと記載してあるところもあるのですが、面倒なので私は7000キロカロリーとして計算してしまっています。

ダイエットで10kg痩せたいと思ってもまずは1kgづつを目標として始めなければ挫折の原因ともなりかねません。

では1kg痩せるのにどの位の期間がかかるかと言いますと。。。

1カ月で1kg痩せるには

1日の基礎代謝や食事でのカロリー制限、運動量等に依存するために、一概に算出することはできないのですが、無理矢理に7000キロカロリーを30日で割ると大体233キロカロリーのマイナスキロカロリー収支が必要となります。

これは

ご飯で言いますと1膳分(140g、235キロカロリー)

ジョギングで言いますと3.5kmといったところです。

短期間で1kg痩せるための期間と消費カロリー収支

では逆にもっと短期間で1kg痩せるにはどの位の消費カロリーが必要になるかという事ですが、

一カ月 ⇒ 半月 ⇒ 1週間 ⇒ 3日 ⇒ 1日

という単位で観ていきますと、

1kg痩せる期間 日数 1日で減らすべきキロカロリー収支
1カ月 30日 -233kcal / 日
半月 15日 -467kcal / 日
1週間 7日 -1000kcal/ 日
3日 3日 -2333kcal / 日
1日 1日 -7000kcal / 日

となります。これを観ると30代の男性の基礎代謝消費カロリーが1500キロカロリー、1日の消費エネルギーの平均が2500キロカロリーという事からも、1週間で1kg痩せるのを目標とするあたりから雲行きが怪しくなります。

3日や1日で1kg痩せる事を目標とする等はそもそもかなり無理がある計画を超えプロボクサーの減量前級の無理がかかるかもしれません。

実際1kg痩せるには

もちろん計算としてはこんな単純なことではないかもしれませんが、コツコツが大事な事がよくわかると思います。

肝心の私は….

目標

出だしの失速っぷりから全く目標達成できていませんが、なんとか右肩下がりなのでよしとしています。できる限り7000kcalを消費するにあたり数値化を試みていますが、細かい計算は無視してどれもざっくり値です。その他ダイエットにまつわるあれこれを記事にしていこうかと思っています。何かの参考になればと思います。

もしもメーターとは

もしもメーターとは当デブログの勝手な造語、そして数値予想値です。

もしもメーター

もし一日のカロリー摂取量と消費量がプラス・マイナス『0』という人を仮定した時に、ある行動を一カ月毎日続けたとしたら大体この位体重が増減するかもしれませんという目安を数値化したものです。

もしもその①

数値は少し古いですが、『厚生労働省の健康づくりのための運動指針2006』を参考にして

7000

1kg痩せるのに平均として7000kcalが必要なものとして計算しています。

 

もしもその②

朝昼晩を合わせた一日の食事時間の合計時間は全国平均は99分。とのことで、無理やり一食当たりの食事時間は一律33分換算。おそらく実質モグモグしている時間。

 

もしもその③

運動時間は一日にできるであろう時間を勝手にこれくらいかなと私が決めています。

 

もしもその④

消費カロリーは色んな事を大体で参考にしています。

 

例えば会社の行き帰りの自転車通勤、その消費エネルギーと効果でもお伝えした通り、もし一日のカロリー収支がプラマイ『0』という方が車通勤を辞めて自転車通勤(片道40分)にしたら、-2.67kg位痩せられるかも…と…^_^;

全て大体というざっくり指標で申し訳ない上に間違いがあるかもしれませんがご了承ください。この様な仮定で算出したのが、もしもメーターです。

ある行動を決心して一カ月続けたらこれ位痩せれるかも…と思って参考にしていただけたらと思います。

 

『カロリーゼロ』と『ノンカロリー』の違い

前回『カロリーオフ』がカロリーが全く0ではないということを書きましたが、

同じ様な表現に『ノンカロリー』という表記もありますよね。

『カロリーゼロ』と『ノンカロリー』は何か違うのでしょうか?

実は『カロリーオフ』と『ノンカロリー』の栄養表示基準の中身は変わりません。

どちらも、5kcal未満(100ml(飲料)または100g(食料)に含まれるカロリー量)

なので言い方の違いのみと言ってもいいと思います。

因みに、この様な表記は、下の栄養表記基準表の様な、

糖類や脂質などに対しても基準があります。

『ダイエット』という表記に対しても制約があるんですね(・・;)

商品に付いている表記 100ml(飲料) 100g(食料)
カロリーゼロ/ノンカロリー 5kcal未満 5kcal未満
カロリーオフ/低カロリー/ダイエット 20kcal未満 20kcal未満
無糖/ノンシュガー 糖類0.5g未満 糖類0.5g未満
糖類オフ/糖類控えめ/ダイエット 糖類2.5g未満 糖類5g未満
糖質ゼロ 脂質0.5g未満 脂質0.5g未満
脂質オフ/脂質控えめ/ダイエット 脂質1.5g未満 脂質3g未満

特にダイエットに関して気になるのが、

『カロリーゼロ』と『カロリーオフ』の違いです。

商品に付いている表記 100ml(飲料) 100g(食料)
カロリーゼロ/ノンカロリー 5kcal未満 5kcal未満
カロリーオフ/低カロリー/ダイエット 20kcal未満 20kcal未満

『ゼロ』と『オフ』なので『オフ』の方がカロリーが高いのかなという予想は付きますが、

ここには明確に5kcal未満か20kcal未満かという4倍の基準差がありますので、

気をつけたいところです。

100mlまたは100g辺りに対して、5kcal以上であれば、

『カロリーゼロ/ノンカロリー』という表記はできなくなり、

『カロリーオフ/低カロリー/ダイエット』という表記をしなくてはならなくなります。

ただ最近の商品は『●●ゼロ』とか『●●フリー』とか商品名にゼロがついていて、

結局アルコールがゼロなのか、糖質がゼロなのか、それともカロリーがゼロなのか

なにをもってゼロといっているのかわからないものも多いですよね。

なので購入する際はしっかりと何がゼロなのかを

成分表示で確認することも大切かもしれません。

例えばこちらの

 

キリン ゼロ<生> 350ml×24本

『KIRIN ZERO』ですが、

糖質0と書いてありますので、糖質がゼロという事は容易にわかります。

そして小さく『カロリーオフ』とも書いてありますので、

カロリーが100mlあたり20kcal未満でしたよね。

実際に350mlあたり67kcalとなっていますので、

100mlあたり19.1kcalとギリギリ20kcal未満です。

しかしこれを4本も一日に飲んでしまいますと、

268kcalとなり、

月に1キロづつ体重を落としたいひとの目標節約カロリー(240kcal)

をオーバーしてしまいます。

カロリーオフも飲み過ぎには注意ですね^^;

ビールやお酒でぽっこりお腹になるは本当か?!

ビールとポッコリおなか

私はお酒が大好きで、ほぼ365日飲酒という荒くれ者でございます。
(アル中でも酒乱でもございません。たまにアル中やろアル中と言い張る方はいますが。。。(-_-;))
おもいっきりダイエット中ではりますが、
お酒をやめるという気は毛頭ありません。

お酒をやめるという行為は優先順位的に最後であります。

その他にやれることがあるんじゃーーー!!!(ΦωΦ)

という気分でどうにか頑張っている感じです。

とは言え周囲の方々は口をそろえて私のぽっこりお腹をご観覧後、
「お酒をやめましょうね、もうじじーなんだから。。。」

とやんわり厳しい心に刺さって取れない、お言葉を投げかけてくるのです。

ぽっこりお腹⇒お酒をやめろ

という構図はいささか何かの条件反射としか思えません。

しかし世の中には、
「お酒で太るんじゃない、おつまみで太るのだ。」

というご意見もございますので、
「お酒だけのんでれば太らない」というめちゃくちゃなご意見も踏まえつつ。
お酒やビールの破壊力をリサーチ致しました。

太る理由その1:ビールを晩酌のカロリー

まず王道カロリーの破壊力です。
ここではグラムのわかる写真館さんよりご拝借!m(_ _)m

ビール100mlあたりでは

ビール 40kcal
発泡酒 45kcal
黒ビール 46kcal
スタウト 63kcal

という結果になりました。

うーむ大体私が飲む量が平均1000ml位なので、
一日500kcal弱というところでしょうか。

多い時は軽く2000mlは超えていると思うのですが、、、、(^_^;)

と500kcalといいますと、
最近の記事で、30代男性の一日分の理想的なカロリー摂取量が

約2000kcalですので、
ダイエットを志す者としては、ココを1500kcalくらいに抑えたいところ。。。

となりますと

一日の飲酒量のみで大体一食分を食べてしまってることに。。。(*_*)

恐るべし、糖質、麦芽コンビ。

ということで、嗜む程度という方はセーフかもしれませんが、
大酒のみは完全アウトですね。

しかもこれおつまみ抜きなので。

太る理由その2:アルコールで肝臓さんが脂肪分解機能減退。。。(*_*)

加えて肝臓には脂肪を分解する酵素を出す機能もあります。

「リパーゼ」という酵素ですが、

当然アルコールの分解で大忙しや、肝臓が肥大し、肝脂肪がつきすぎるとなれば、
この働きは抑制されることになるので、

まさに最強タッグといったところでしょうか。

特にお酒がぽっこりお腹のみに脂肪をつけるというような事はないのでしょうが、
肥満に一躍かっているということには変わは全くないようです。

お酒好きはここ悩みどころですな。