ダイエットには欠かせないカロリー管理の神アプリ!

IMG_0290

 

ダイエットに欠かせないカロリー管理ですが、

カロリーの重要性がわかってながらも中々その数値管理までできないというのが実情です。

正直私も一日の消費カロリーと一日の摂取カロリーの差分が

太るか痩せるかの境目になるということはわかっていても、

それが実際どの位摂取しているかとかまでは記録していませんでした。

 

 

 

 

例えば飲み会に行き飲み過ぎれば「やばいな…」と思うだけ。

その後、締めのラーメンを食べてしまえば、翌朝「やってしまった…」と後悔し

お腹に目をやると「やっぱりな…」といった感じで、

それを繰り返します。

しかし実際どのくらいやばいかは結構わからないものですよね。

特に外食ともなると、そのカロリー数は未知のモンスターと化すわけです。

 

そこで、見つけたのがこの神アプリです。

カロリー管理(痩せるアプリ)

価格450円

iPhone版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Android版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カロリー管理

新品価格
¥450から
(2013/8/28 17:52時点)

正にダイエットにおける神アプリといってもいいのではないかという位すごいアプリです。

価格は450円とアプリの中では激安とまではいきませんが、

購入して使いはじめると、これくらいは払っても納得という位にありがたやと思う使い心地です。

まずこのアプリでできることをまとめてみます。

 

自分の身長、体重、生年月日を初期設定で入力すると、

基礎代謝を自動算出してくれます。

 

IMG_0280

 

基礎代謝とは前の記事でも書きましたが、

じっとしていても減ってくれる一日の総カロリー数のことです。

この自分の基礎代謝カロリー数は自分でこんなもんだろと思っていたのですが、

このアプリで初めてしることができました。

 

その後生活代謝という項目がありますので、

ここでは活動のレベルを決める事ができます。

IMG_0281

 

 

これも以前記事にしましたが、

例えばデスクワークが仕事という方と外回りの営業マンや大工さんなど一日の消費カロリーは

当然違いがでてきますので、ダイエットの指標に差がでてくるというものです。

これも私の場合はデスクワークですので、この項目にチェックをいれました。

 

最後に減量目標を記入することができます。

とりあえず一ヶ月で1kg痩せるという目標を設定しました。

IMG_0282

 

さらに微調整という項目で、

運動等を定期的にしているという方はその運動で消費されるカロリーを記入すればOKです。

私の場合はフィットネスクラブで一日300kcal程度消費しているので、

さぼった日のことも考慮して、基礎代謝に+200kcalの調整をかけています。

 

IMG_0284 のコピー

 

そしてここからが真骨頂です。

初期設定が終わると、今度はその日に食べた食事を記入していきます。

例えばお昼におにぎりを三個食べたとします、そうすると『おにぎり』で検索、

おにぎりがなんといっぱいでてきます。

IMG_0286

 

種類ありすぎです。

中には明太子が入っていたので、明太子おにぎりを3個というボタンをおせば完了です。

そうすると今日食べたものの一覧が記入されますし、

今日食べていい残りのカロリー数が目標に準じて数値化されます。

IMG_0290

 

そしてこの検索機能が本当にすごくて、

ほとんどの外食産業の一般的なお店が入っています。

例えば『CoCo壱のカレー』を食べたら『CoCo壱のカレー』のメニューが全部でてきます。

IMG_0292

 

しかもこの情報も随時自動更新してくれるので、

新しいメニューにも対応してくれるというすごさ….

 

目標の達成率や履歴をグラフ化してみせてくれるところもまたすごいところです。

IMG_0293

 

デメリットは電池切れの時にメモれないという事ですが、

過去の履歴も編集できるので、何を食べたか忘れていないかぎりかなりいいと思います。

そして極めつけは、

IMG_0291

ホーム画面にバッジとして残りの食べてもいいカロリー数が表示されます。

ダイエットを意識していないという方でもある意味楽しめるアプリかと思います。

ダイエットアイテムとして興味があるという方は下記リンクよりダウンロードできますよ。

 

iPhone版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Android版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カロリー管理

新品価格
¥450から
(2013/8/28 17:52時点)

年齢男女別、基礎代謝の平均値(・・;)

基礎代謝という言葉をよく耳にしますが、

例えば何かのダイエット製品で、

「基礎代謝力もアップ♪」みたいな感じのものです。

そもそも基礎代謝とはなんぞやということなんですが、

ご存知でしょうか?

私は長い間なんとなく適当な認識をしていました。

基礎代謝とは

「なんにもせずに安静にしていても自然と消費される、

生命の維持に必要なエネルギーのこと」

ということです。

つまりダイエットをしなくても生きてるだけで消費してくれるエネルギーのことですよね。

寝てるだけでお腹がしっかりと空いてくるのはこのおかげかもしれません。
^^;

その基礎代謝ですが、

よく『下がる』だの『上がる』だの聴くということは、上下するということですよね。

一つには、年齢が成人前後でMAXとなり、

それから年齢をとるごとに落ちていくようです。

基礎代謝の平均値
厚生労働省より

中年になるに従って太りやすくなるということの一つの要因といえますよね^^;

基礎代謝を上げるには、

血行を改善したり、筋トレ等で上げることができます。

温かいお風呂にゆっくりつかったり、寒い環境に長く身を置かないことを心がけましょう。

なんせ、何もせずにじっとしているだけで

カロリーを消費してくれるという事はこれほどいいことはありません♪

もちろんそれだけで痩せれたら苦労はないのですが。。。(笑)^^;

 

1kg痩せるための消費カロリーはどのくらい?

sm130729_m

1kg痩せるための消費カロリーってご存知でしょうか?

その人の体型や環境や生活習慣によってもちろん違いはでてくるのですが、

1kg痩せるためには大体7200kcalの消費量を

減少させることが必要と言われています。

7200kcalを日々の行動に置き換えてみると

 

少しパッとしないかもしれないのですが、7200kcalつまり1kg分の減量というのは、

これ結構たいへんなんですよね。(・・;)

何故かといいますと、これは日々ストイックな行動の時間に例えると痛いほどよくわかります。

 

7200kcalつまり1kg分減量するためには

 

大体男性の1日の消費カロリーが2300kcalですから3日分断食

大体女性の1日の消費カロリーが1700kcalですから4日分断食

自転車は10分あたり70kcal位消費できるので17時間

ジョギングも同じくらいの時間がかかります。

デスクワークなんかに換算しちゃいますと10分で8kcal位ですので、

連続150時間もかかってしまいます。

(そんな人いませんけどね。どんだけブラックなんだっていう。(笑))

 

もちろんこんな単純な計算にはならないでしょうが、

これからわかることは気合で1kg痩せるということを決意した時の大変さです。

何故か太るときはあっちゅーまなんですが、

痩せる時は亀の様に前に進まないといけない現実が待っております。

 

痩せることを計画した場合は計画通りにいかないことを前提に、

月に1kgを目指すのがいいのではないかなと個人的には思っています。

つまり7200kcalを30日で分割して減らす計画です。

月に1kgという目標を定めますと、月のカロリー収支目標は7200kcalですので、

一日あたりのカロリー収支を一日の平均消費カロリーから240kcal程差し引いて、

以下の表位を目安に食事をすると良いと思います。 

一日の平均消費カロリー 一日の目標平均消費カロリー
男性平均 約2300kcal 約2060kcal
女性平均 約1730kcal 約1490kcal
シニア 約2100kcal 約1860kcal

 

 

ゆっくり食べる!ダイエットに有効な食べる速度と時間?!

 今日はこの食べる順番で且つどの位のペースで食べていけばいいのか

というのをご紹介したいと思います。

『ゆっくり食べる』のと『早食い』だとどの位のカロリー摂取量にさが出るのでしょうか?

ある実験では大学生を『ドカ食い組』と『ゆっくり食べる組』にグループ分けして実験したところ、

1食あたり70kcal近くのカロリー摂取量に差がでました。

これは一日3食にすると、200kcalを超えることになります。

200kcalの運動をしようとするとかなり大変です。

ジョギングをすると30分位走らないと行けないカロリー量です。

以前の記事で、

食事をするときにできる限り太りにくい食べ方というのをご紹介しました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

食べる順番

この時間をかけて食べるということがダイエットに対して効果的であることは結構有名ですが、

主にメリットは3つあります。

   満腹中枢が刺激されて余計なもの量を食べなくて済む

   ゆっくり食べることでよく噛み砕き消化に良い

    痩せるホルモンを応援できる

そしてその時間配分ですが、

平均して満腹中枢が働き始めるまでには20分あるといわれていますので、

その間が5分程度になる位のスピードを心がけて食事をする様にするとうまくいきます。

実際に試してみますと、ゆっくり食べるというのも最初はかなり難しく癖がつきません。

いつもの癖で間が持たないし、食欲が先に出てつい食べてしまうのです。

コツは食材を噛みしめる事によって新たな食感と味を楽しむ位の気持ち。。。

『噛み続けるとこんな味もしてくるんだ。。。』という感じですかね。^^;

   食事のペース配分と時間

 

 野菜系

(所要5分程度かかるようにゆっくり食べる)

 スープ系

(所要5分程度かかるようにさらだと合わせて時間稼ぎ)

 メイン料理

(所要10分程度かかるようにゆっくり咀嚼する)

 デサート

痩せるホルモンというのも前回ご紹介しましたが、

ドカ食いは痩せるホルモンにかなり悪影響を及ぼすので太る悪循環の入り口となります。

お昼休みなどは時間がないという方もいらっしゃるとおもいますので、

中々ゆっくり食べるのもままならないという状況もあるとは思うのですが、

是非少し思い出して実践してみてください。

走るより全然楽ですよ♪

 

驚きの睡眠時間の消費カロリー(・・;)

本日は睡眠とカロリーの消費量に関しての記事を書きたいと思います。

果たしてその結果や如何に。。。

よろしけれ音楽を流しながら読んでいただければと思います。

ということで、睡眠ミュージックスタート~♪

題名が『究極に眠れる癒しの音楽 』となってますが、究極ってwww

寝ている時間というのは結構長いものですが、

どのくらいの睡眠時間をとっていますか?

私は結構寝てます。7時間前後位ですかね^^;

起きている時間に比べて

寝ている時の時間というのはどの位のカロリーを消費しているものなのでしょうか。

これが結構驚きです。(・・;)

7時間 で 449kcalとなっています。

7時間で449kcalといわれましてもピンとこないという方も多いとは思うのですが、

行動 時間 消費カロリー
睡眠 7時間 449kcal
歩く 30分 70kcal
自転車 20分 76kcal
階段昇り降り 5分 24kcal
デスクワーク 5時間 506kcal
洗濯 20分 46kcal
買い物 30分 70kcal

※個人差あり参考値です。

他の日常的な行動と比較してみると

一日の中の消費カロリーとしては中々捨てがたい数字となります。

 

睡眠時間の表記は7時間表記でしたので、これを30分単位にしますと。

睡眠の消費カロリーは30分 で 32kcalとなります。

比べるとやはり他の行動よりは消費カロリーが落ちるというものの、

思いの他かなりのカロリーを消費していますよね(・・;)

ちょっと逆に気になりますのは、

デスクワークの部分は30分 で 50kcal

寝ている時とほとんど変わらないとまでは言いませんが、

デスクワーク職の方は少し意識して運動して方がいいかもしれませんよね。。。

私もその一人。。。(・・;)

因みに上記の表で圧倒的にカロリーを消費する行動というものが、

階段の昇り降りとなります。

5分で24Kcalなので、30分に換算しますと、

24かけることの6で….

144Kcalとなります。

やはり体の上げ下げは強いですね。

それでは良い夜を、おやすみなさい。