ダイエットには欠かせないカロリー管理の神アプリ!

IMG_0290

 

ダイエットに欠かせないカロリー管理ですが、

カロリーの重要性がわかってながらも中々その数値管理までできないというのが実情です。

正直私も一日の消費カロリーと一日の摂取カロリーの差分が

太るか痩せるかの境目になるということはわかっていても、

それが実際どの位摂取しているかとかまでは記録していませんでした。

 

 

 

 

例えば飲み会に行き飲み過ぎれば「やばいな…」と思うだけ。

その後、締めのラーメンを食べてしまえば、翌朝「やってしまった…」と後悔し

お腹に目をやると「やっぱりな…」といった感じで、

それを繰り返します。

しかし実際どのくらいやばいかは結構わからないものですよね。

特に外食ともなると、そのカロリー数は未知のモンスターと化すわけです。

 

そこで、見つけたのがこの神アプリです。

カロリー管理(痩せるアプリ)

価格450円

iPhone版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Android版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カロリー管理

新品価格
¥450から
(2013/8/28 17:52時点)

正にダイエットにおける神アプリといってもいいのではないかという位すごいアプリです。

価格は450円とアプリの中では激安とまではいきませんが、

購入して使いはじめると、これくらいは払っても納得という位にありがたやと思う使い心地です。

まずこのアプリでできることをまとめてみます。

 

自分の身長、体重、生年月日を初期設定で入力すると、

基礎代謝を自動算出してくれます。

 

IMG_0280

 

基礎代謝とは前の記事でも書きましたが、

じっとしていても減ってくれる一日の総カロリー数のことです。

この自分の基礎代謝カロリー数は自分でこんなもんだろと思っていたのですが、

このアプリで初めてしることができました。

 

その後生活代謝という項目がありますので、

ここでは活動のレベルを決める事ができます。

IMG_0281

 

 

これも以前記事にしましたが、

例えばデスクワークが仕事という方と外回りの営業マンや大工さんなど一日の消費カロリーは

当然違いがでてきますので、ダイエットの指標に差がでてくるというものです。

これも私の場合はデスクワークですので、この項目にチェックをいれました。

 

最後に減量目標を記入することができます。

とりあえず一ヶ月で1kg痩せるという目標を設定しました。

IMG_0282

 

さらに微調整という項目で、

運動等を定期的にしているという方はその運動で消費されるカロリーを記入すればOKです。

私の場合はフィットネスクラブで一日300kcal程度消費しているので、

さぼった日のことも考慮して、基礎代謝に+200kcalの調整をかけています。

 

IMG_0284 のコピー

 

そしてここからが真骨頂です。

初期設定が終わると、今度はその日に食べた食事を記入していきます。

例えばお昼におにぎりを三個食べたとします、そうすると『おにぎり』で検索、

おにぎりがなんといっぱいでてきます。

IMG_0286

 

種類ありすぎです。

中には明太子が入っていたので、明太子おにぎりを3個というボタンをおせば完了です。

そうすると今日食べたものの一覧が記入されますし、

今日食べていい残りのカロリー数が目標に準じて数値化されます。

IMG_0290

 

そしてこの検索機能が本当にすごくて、

ほとんどの外食産業の一般的なお店が入っています。

例えば『CoCo壱のカレー』を食べたら『CoCo壱のカレー』のメニューが全部でてきます。

IMG_0292

 

しかもこの情報も随時自動更新してくれるので、

新しいメニューにも対応してくれるというすごさ….

 

目標の達成率や履歴をグラフ化してみせてくれるところもまたすごいところです。

IMG_0293

 

デメリットは電池切れの時にメモれないという事ですが、

過去の履歴も編集できるので、何を食べたか忘れていないかぎりかなりいいと思います。

そして極めつけは、

IMG_0291

ホーム画面にバッジとして残りの食べてもいいカロリー数が表示されます。

ダイエットを意識していないという方でもある意味楽しめるアプリかと思います。

ダイエットアイテムとして興味があるという方は下記リンクよりダウンロードできますよ。

 

iPhone版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Android版
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カロリー管理

新品価格
¥450から
(2013/8/28 17:52時点)

一日の職種、生活、動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

生活強度

一日の動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

こんにちはブータンです。

あなたはどんなお仕事そして、ライフスタイルをしていますでしょうか?

私は転職してからというもの、デスクワークがとても多いので、

それを境にといっていいほど、デブになりました。

以前は仕事がら圧倒的に歩く時間が多かったので、

デスクワークになってからというもの、いきなり太りはじめたという感じです。

前記事の

【30代でお腹がぼっこりたるんでしまうその理由とは?】

でも生活強度をからめた記事を書かせて頂いたのですが、

今回も同じ厚生省の表を使い記事を書かせて頂きます。

一日の生活のエネルギー必要量を左右する、生活活動強度とは..

生活強度別エネルギー所要量

年齢が上がるにつれ一日に必要な消費カロリーは徐々に必要ではなくなっていきます。

しかしここにもうひとつ【生活活動強度】というものがあります。

表をみていただければ、わかるのですが、年齢の増加とともに必要でなくなる、

一日の消費カロリーより生活強度に左右されて、

一日に必要とされる消費カロリーが増える方が大きいことが、わかります。

つまり、

考えてみればあたりまえのことですが、

デスクワークの事務仕事中心という方と、

外回りの飛び込み営業の方であれば、一日の消費カロリーの差は歴然です。

生活活動強度の目安から自分の生活活動強度を算出。


生活活動強度の区分(目安)


生活活動強度と指数(基礎代謝量の倍数)

日常生活活動の例

日常生活の内容


生活動作

時 間
Ⅰ(低い)1.3 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

1211

1

0

0


散歩,買い物など比較的ゆっくりした1時間程度の歩行のほか,大部分は座位での読書,勉強,談話また座位や横になってのテレビ,音楽鑑賞などをしている場合
Ⅱ(やや低い)1.5 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

109

5

0

0


通勤,仕事などで2時間程度の歩行や乗車,接客,家事など立位での業務が比較的多いほか,大部分は座位での事務,談話などをしている場合
Ⅲ(適度)1.7 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

6

1

0


生活活動強度Ⅱ(やや低い)の者が,1日1時間程度は速歩やサイクリングなど比較的強い身体活動を行っている場合や,大部分は立位での作業であるが1時間程度は農作業,漁業などの比較的強い作業に従事している場合
Ⅳ(高い)1.9 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

5

1

1


1日のうち1時間程度は激しいトレーニングや木材の運搬,農耕作業などのような強い作業に従事している場合

厚生省保健医療局生活習慣病対策室、生活活動強度の区分(目安)

これは、一日を24とした場合、の生活における行動を表しています。

もしあなたが、デスクワークであったり、

家にいて、あまり体を動かさないという方であれば、

当然の如く、生活活動強度のレベルが低いという方よりも

多く運動しなければならないということになります。

少し気をつけた方がいいかもしれません。

レベルは五タイプにわかれていますが、

大体の目安でレベルが幾つかということがわかると思います。

私は鯖読んだとしても、レベルⅡかⅢといったところでしょうか。(-_-;)