一日の職種、生活、動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

生活強度

一日の動き方で、その日の消費カロリーは変化するか?

こんにちはブータンです。

あなたはどんなお仕事そして、ライフスタイルをしていますでしょうか?

私は転職してからというもの、デスクワークがとても多いので、

それを境にといっていいほど、デブになりました。

以前は仕事がら圧倒的に歩く時間が多かったので、

デスクワークになってからというもの、いきなり太りはじめたという感じです。

前記事の

【30代でお腹がぼっこりたるんでしまうその理由とは?】

でも生活強度をからめた記事を書かせて頂いたのですが、

今回も同じ厚生省の表を使い記事を書かせて頂きます。

一日の生活のエネルギー必要量を左右する、生活活動強度とは..

生活強度別エネルギー所要量

年齢が上がるにつれ一日に必要な消費カロリーは徐々に必要ではなくなっていきます。

しかしここにもうひとつ【生活活動強度】というものがあります。

表をみていただければ、わかるのですが、年齢の増加とともに必要でなくなる、

一日の消費カロリーより生活強度に左右されて、

一日に必要とされる消費カロリーが増える方が大きいことが、わかります。

つまり、

考えてみればあたりまえのことですが、

デスクワークの事務仕事中心という方と、

外回りの飛び込み営業の方であれば、一日の消費カロリーの差は歴然です。

生活活動強度の目安から自分の生活活動強度を算出。


生活活動強度の区分(目安)


生活活動強度と指数(基礎代謝量の倍数)

日常生活活動の例

日常生活の内容


生活動作

時 間
Ⅰ(低い)1.3 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

1211

1

0

0


散歩,買い物など比較的ゆっくりした1時間程度の歩行のほか,大部分は座位での読書,勉強,談話また座位や横になってのテレビ,音楽鑑賞などをしている場合
Ⅱ(やや低い)1.5 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

109

5

0

0


通勤,仕事などで2時間程度の歩行や乗車,接客,家事など立位での業務が比較的多いほか,大部分は座位での事務,談話などをしている場合
Ⅲ(適度)1.7 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

6

1

0


生活活動強度Ⅱ(やや低い)の者が,1日1時間程度は速歩やサイクリングなど比較的強い身体活動を行っている場合や,大部分は立位での作業であるが1時間程度は農作業,漁業などの比較的強い作業に従事している場合
Ⅳ(高い)1.9 安静立つ

歩く

速歩

筋運動

98

5

1

1


1日のうち1時間程度は激しいトレーニングや木材の運搬,農耕作業などのような強い作業に従事している場合

厚生省保健医療局生活習慣病対策室、生活活動強度の区分(目安)

これは、一日を24とした場合、の生活における行動を表しています。

もしあなたが、デスクワークであったり、

家にいて、あまり体を動かさないという方であれば、

当然の如く、生活活動強度のレベルが低いという方よりも

多く運動しなければならないということになります。

少し気をつけた方がいいかもしれません。

レベルは五タイプにわかれていますが、

大体の目安でレベルが幾つかということがわかると思います。

私は鯖読んだとしても、レベルⅡかⅢといったところでしょうか。(-_-;)

30代でお腹がぼっこりたるんでしまうその理由とは?

20130708_m

私は30代になり急速にお腹がぽっこデブになりました{(-_-)}

実はそれまでに人生で、ぽっこりどころか、ダイエットなんてしたことはありませんでした。

正直無縁だとも思っていたし、

一生太らない体質なのだ…!^o^ 「がはははは」と…

ところがどっこい、腹ヤバイです。

ここまで急激に進化を遂げた私のぽっこりお腹さん、

考えられる原因は、

食生活?、

老化?、

職業がら?、

お酒?うむお酒だ…

と考えれば、色々あるのですが、

お酒が好きなことは正直昔からなのであんまし、変わってません。

そして、食生活、これもそこまで変化はなく、むしろ昔の方が食べてただろー(^_^;)

とさえ思ってます。

年?

はとりましたが、ここまで革命を起こすにはちとひどすぎます。

なんせ、久々に会った方で「太ったね」を発言しないという方は皆無なのですから。

と疑問に思ったので、

前置きが長くなりましたが、

なぜ腹は30代付近を境目に革命を起こしてしまったかを調べてみました。

以下厚生省保健医療局生活習慣病対策室からの引用グラフですが、

年齢を重ねるにつれて一日に必要とされる、

エネルギー所要量がそこまで必要のないことがわかります。

生活活動強度別 エネルギー所要量 (kcal/日)

年 齢(歳) 生 活 活 動 強 度
I (低い) II(やや低い) III (適度) IV (高い)
0~(月) 110~120kcal/kg
6~(月) 100kcal/kg
1~2 1,050 1,050 1,200 1,200
3~5 1,350 1,300 1,550 1,500
6~8 1,650 1,500 1,900 1,700
9~11 1,950 1,750 2,250 2,050
12~14 2,200 2,000 2,550 2,300
15~17 2,100 1,700 2,400 1,950 2,750 2,200 3,050 2,500
18~29 2,000 1,550 2,300 1,800 2,650 2,050 2,950 2,300
30~49 1,950 1,500 2,250 1,750 2,550 2,000 2,850 2,200
50~69 1,750 1,450 2,000 1,650 2,300 1,900 2,550 2,100
70以上 1,600 1,300 1,850 1,500 2,050 1,700
妊婦 +350 kcal
授乳婦 +600 kcal

厚生省保健医療局生活習慣病対策室より引用

表をみていただけるとわかるのですが、

年代順にエネルギー所要量が下がっていってます。

もちろん個人のライフスタイルが変化するので、これが全てとは言いがたいですが、

中年になると、太りやすくなる原因は

  若い頃より体を動かさなくなる上に

  一日のエネルギー所要量が必要なくなる

となれば当然かもしれませんね。(^O^;)

原因はやはり年にあるといえるという事に達しました。

一般的には個人差があるそうですが、

30代あたりからのたるみ、!

の原因は燃焼効率が落ちてくる事にありそうです。

個人差があるというのは、

30代を中心として、ゆったりりとこの現象がおきるという方、

急激に起こるという方がいるということですね。

私はおそらく後者だったのではないかと…

簡単にいえば、

老化で代謝が急激に落ちたという感じですかね。

ではずっと太らない人っていらっしゃるじゃないですか…

あの方々は…と思ってしまうのですが、、、

まぁとにかくこうゆう時は笑うしかありませんね。