痩せるホルモン、リバウンドをなるべくしないダイエット方法

前回悪役太るホルモンについてお伝えしたので、

本日は正義の味方痩せるホルモンをご紹介します。

今回もイメージソングを流しながらお読みいただくと混乱するかもしれません。

正義の味方ソングを選ぼうとして、これになってしまう自分のキャパの少なさwww

アンパンマンマーチを改めて聴きながらどうぞ!

(聴きたくないという方は再生を押さないでくださいm(_ _)m)

ホルモンは体の環境を一定に保つために、

体内に偏りが生まれた時にそれを元に戻そうと体内に信号を送ってくれる頼もしい存在です。

その中でも、痩せるということに関して一役買ってくれる体内分泌ホルモン3種のご紹介です。

ホルモン3種!

 

①グルカゴン

グルカゴン、なんか読み方が完全に悪役チックなのは気のせいでしょうか?

怪獣グルカゴンみたいな。。。。

それはさておき、

前回の太る原因を促進するインスリンとは逆に、

グルカゴンは血液中にエネルギーを放出してくれる働きがあります。

例えば、筋肉や肝臓に蓄えられた糖や脂肪細胞の脂肪を血液に放出するといったことです。

②アディボネクチン

痩せるホルモンの代表格であるレプチン君を助ける働きがあります。

そして悪役インスリンが正しく働くようにする調整役、

血管の修復にも働く結構何でも屋さんという感じです。

”長寿ホルモン”というアダ名もあるあるように

長生きする人にはこれが多いと言われています。

調整役で長生きといえばジャムおじさん的存在か???(無理やり)

軽い運動で増やすことができるそうなので是非。

③レプチン

インスリン君、レプチン君バトルでも紹介したとおり、

インスリン(食欲を増進するホルモン)と相反する効果を見込むことができます。

つまり食欲を抑制する効果があるのです。

しかしこのレプチンの特徴としては、

脂肪細胞が減ると同時にこのレプチンも減少してしまいます。

つまりダイエットをして脂肪を落とすと

それと一緒にレプチンは一時的に減少してしまうということです。

これがリバウンドが起きてしまう一因です。

ダイエットの初期にはこのレプリンが減り、インスリンが増えることで、

食欲を増してしまうからです。

このレプチンは一時期脂肪とともに減少しますが、

その後また増加しますのでまた元に戻るまで我慢しましょう。

それがリバウンドを防ぐダイエト方法にもなります。

以上が痩せるホルモンの代表格です。

そして太る悪循環を超単純化しますと。

ドカ食い!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

インスリン増える

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

レプチン減る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

食欲アップ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さらにドカ食い

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

以下繰り返す。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

という感じで、ホルモンの助けを借りて雪だるま式にデブリン子になっていきます。

この悪循環をどこがで切ることがかなり大事な要素となりますよね。

そういえば昔は大盛りしか食べてなかった~。(・・;)

今でもたまに食べてしまいますけど。

 

全く関係のない話ですが、

アンパンマンマーチって歌詞がかなり深いっすね。

少し哲学チックっていうか?

「生きるよろこび、たとえ胸の傷がいたんでも」

って。。。随分崇高な生き方だな。。。胸の傷ってなんやねん??

 

しばらく見入ってしまいました。(笑)

 

 

太りにくい食事を食べる順番、ダイエットを効率的に!!

sm003_m

普段どのように食事をしていますか?

摂食制限や運動をするのもいいのですが、

実践していただきたい、

食べる順番を変えるだけで脂肪の吸収を抑えることができる方法がありますので、

是非参考にしてみてください。

出来る限り太りにくい食べ方

  まず   野菜類 余分な脂肪や糖分の排出を効率的にしてくれる効果があります。サラダ等の野菜系から手を付けましょう。

  そして  スープ系 この時点である程度空腹すぎるという感じを解消する効果があります。お腹が空いていると一気に食事をかけこんでしまうが、ある程度お腹が一杯になっていれば、しっかりと噛んでから飲み込むという習慣付けにも役立つ。

  それから 肉・魚 野菜とスープのおかげで脂肪や野菜を吸収しまくるという事態を避けるという効果を発揮します。

  最後に  主食 ご飯等はお代わりという裏ワザが使えてしまったりするが、一連の流れでお代わりも最小限にとどめることができる。

という順番で食べる事が重要です。

食べる順番を工夫することで、

同じものを食べたとしても、太りにくいという状態をつくることができます。

この順番で食べることには2つの作用が働きます。

まず第一に、

血糖値が上がりやすいということです、
血糖値が上がりますと脂肪として体内に吸収される食物の割合が減りますので、
効果的というわけです。

逆にお腹ペコペコになった状態で一気に主食などの炭水化物や糖分等から食べ始めますと、
一番太る食べ方をしてしまうということもなります。

そして第二に、
この順番で食べることによって、

満腹中枢が刺激され必要以上の食欲で過剰な食事をしなくても済む

ということになります。

この順番はフレンチのフルコースの順番にも似ていて、人が大体お腹がいっぱいになりだすのが、20分位と言われていますが、その時間稼ぎとしても約に立つという感じです。

いつもサラダを用意できなという人の対処法

とはいったもののサラダを毎回食前に食べるというのは結構難儀です。

毎食サラダを摂取できているという方がいたらすごいなと思うのですが

実際結構めんどくさいし、時間がないなどでそうもいかないのが現状です。

そこでこの様な食物繊維を含む食事制限をせずに簡単ダイエットができる『カロリストン』というサプリメントを常備しておけば、毎回糖質や脂質等の吸収を抑えてくれる環境を胃の中につくるこができます。

カロリストンのの効果はこちらのサイトでも詳しく書かれているので参考になると思います。

水野 空さんのカロリストンの最安値購入方法と体験レビュー

食事

マッサージで脂肪は燃えない?

sm001_m本日はマッサージで脂肪が燃焼できるかどうかということですが、

マッサージにダイエット効果があると思っているという方も多いのでは、

しかしこれは実は勘違いです。

マッサージでは脂肪は燃焼できないとのことです。

マッサージは筋トレのサポート程度

マッサージはむくみをとったり、筋トレの効率を上げることはできるのですが、

マッサージを受けるだけで痩せることができるどあまくはないみたいです、、、

一見水分が移動したりするので、

筋肉がしまってみえたり、むくみがとれたりして見えるということらしいですよ。

一番良いの認識の位置づけとしては、

マッサージは筋トレのサポート程度と位置づけておくのがいいみたいです。

  水分が移動して足が細く見えたりするがダイエット効果はない。

  筋トレの効率を上げたりする効果はあるが、それ自体にダイエット効果はない。

※因みに汗をかくサウナ、これもダイエット効果は特段効果があるとは言えません。

汗をかくと体重は一時的に減りますが、時間が経つと元に戻ってしまうそうですよ。

(^_^;)

中年のポッコリお腹の下の内蔵脂肪の燃焼は意外と早い?(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

20130704_m

こんばんはぶーたんです。

私の中ではお腹の脂肪は落ちにくい…

との認識が今まで生きてきた中での考え方でした。

しかし、中年男性は内蔵脂肪を燃焼するのに適した体であるということがわかりました。

(° ꈊ °)✧希望の光…

これは結構びっくりな事実なのですが、

 

内蔵脂肪皮下脂肪、その特徴と男女の差があります。

ぽっこりお腹と言えば、その正体は

まず脂肪。。。

これは誰でも思いつきますよね。。。

しかし実はその脂肪にも2種類。

皮のすぐ下の皮下脂肪、そして内蔵のすぐ上に付いている内蔵脂肪、、、

ふむふむ2種類あるのかと、、、

(•ө•)

しかしこの2種類、どっちがついているかというところがかなり気になりますね。

この2つの脂肪なのですが、

一般的にいってまず。

男性は内蔵脂肪が多い

女性は皮下脂肪が多い

傾向にあります。

そしてまた

内蔵脂肪はつきやすく、とれやすい

皮下脂肪はつきにくく、とれにくい

ということで、

※一般的には男性の方がぽっこりお腹を改善するに早いということが言えます。

その逆もしかるべき、男性はポッコリお腹になりやすいということですね(^_^;)

 

内蔵脂肪の特徴とそのざっくりした量の調べ方(๑◔‿◔๑)

果たして自分の内蔵脂肪がどれだけ多いのか、、、、

ということも気になるところかと思います。

それをざっくりすぎてなんとも言えないといわれてしまいそうですが、

簡単に調べる方法は、

  真っ直ぐ立ち息を吐く。

  お腹に少し力を入れて下さい。

  そしてプニっと出ているお腹をひとつかみ。。。

(ʘ言ʘ)。。。。。。

つかめてしまったお肉の脂肪が皮下脂肪です。(ノ-_-)ノ~┻━┻ヤッテラレルカー!!

 

内蔵脂肪を燃焼させるには。─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

前述の通り、男性の方は内蔵脂肪が多いので痩せやすいという傾向にあります。

では内蔵脂肪を燃焼させるには?

というところですが、ダイエットの運動で効率的に内蔵脂肪を燃焼させるには、

まず有酸素運動です。

有酸素運動で内蔵脂肪は落ちていくという特徴がありますので、

感覚的にはその運動が「う”….辛い….」と言ったきつい感じの運動をすすめるよりも、

「少しつらいな…」といった汗ばむくらいの、ウォーキングやジョギングで、

距離と時間重視で燃焼量を稼ぐといいみたいですよ。

PS。

では、落としにくい皮下脂肪はなんぼのもんで落ちるんじゃ===??

٩(◦`꒳´◦)۶ムキー

と思ってしまうところですが、

皮下脂肪は、内蔵脂肪と違って落ちにくいので、

合わせ技をみっちり使って落としていくという感じです。

合わせ技というのは、

 

  食事制限(健康的な)!!!

  有酸素運動!!

  筋トレ!

 

以上の3点。です。

ということで、

開始からすぐ内蔵脂肪が落ちてくる、

その後少し停滞気味にとなることは覚えておいた方がよさそうですね(^_^;)

ビールやお酒でぽっこりお腹になるは本当か?!

ビールとポッコリおなか

私はお酒が大好きで、ほぼ365日飲酒という荒くれ者でございます。
(アル中でも酒乱でもございません。たまにアル中やろアル中と言い張る方はいますが。。。(-_-;))
おもいっきりダイエット中ではりますが、
お酒をやめるという気は毛頭ありません。

お酒をやめるという行為は優先順位的に最後であります。

その他にやれることがあるんじゃーーー!!!(ΦωΦ)

という気分でどうにか頑張っている感じです。

とは言え周囲の方々は口をそろえて私のぽっこりお腹をご観覧後、
「お酒をやめましょうね、もうじじーなんだから。。。」

とやんわり厳しい心に刺さって取れない、お言葉を投げかけてくるのです。

ぽっこりお腹⇒お酒をやめろ

という構図はいささか何かの条件反射としか思えません。

しかし世の中には、
「お酒で太るんじゃない、おつまみで太るのだ。」

というご意見もございますので、
「お酒だけのんでれば太らない」というめちゃくちゃなご意見も踏まえつつ。
お酒やビールの破壊力をリサーチ致しました。

太る理由その1:ビールを晩酌のカロリー

まず王道カロリーの破壊力です。
ここではグラムのわかる写真館さんよりご拝借!m(_ _)m

ビール100mlあたりでは

ビール 40kcal
発泡酒 45kcal
黒ビール 46kcal
スタウト 63kcal

という結果になりました。

うーむ大体私が飲む量が平均1000ml位なので、
一日500kcal弱というところでしょうか。

多い時は軽く2000mlは超えていると思うのですが、、、、(^_^;)

と500kcalといいますと、
最近の記事で、30代男性の一日分の理想的なカロリー摂取量が

約2000kcalですので、
ダイエットを志す者としては、ココを1500kcalくらいに抑えたいところ。。。

となりますと

一日の飲酒量のみで大体一食分を食べてしまってることに。。。(*_*)

恐るべし、糖質、麦芽コンビ。

ということで、嗜む程度という方はセーフかもしれませんが、
大酒のみは完全アウトですね。

しかもこれおつまみ抜きなので。

太る理由その2:アルコールで肝臓さんが脂肪分解機能減退。。。(*_*)

加えて肝臓には脂肪を分解する酵素を出す機能もあります。

「リパーゼ」という酵素ですが、

当然アルコールの分解で大忙しや、肝臓が肥大し、肝脂肪がつきすぎるとなれば、
この働きは抑制されることになるので、

まさに最強タッグといったところでしょうか。

特にお酒がぽっこりお腹のみに脂肪をつけるというような事はないのでしょうが、
肥満に一躍かっているということには変わは全くないようです。

お酒好きはここ悩みどころですな。