年齢男女別、基礎代謝の平均値(・・;)

基礎代謝という言葉をよく耳にしますが、

例えば何かのダイエット製品で、

「基礎代謝力もアップ♪」みたいな感じのものです。

そもそも基礎代謝とはなんぞやということなんですが、

ご存知でしょうか?

私は長い間なんとなく適当な認識をしていました。

基礎代謝とは

「なんにもせずに安静にしていても自然と消費される、

生命の維持に必要なエネルギーのこと」

ということです。

つまりダイエットをしなくても生きてるだけで消費してくれるエネルギーのことですよね。

寝てるだけでお腹がしっかりと空いてくるのはこのおかげかもしれません。
^^;

その基礎代謝ですが、

よく『下がる』だの『上がる』だの聴くということは、上下するということですよね。

一つには、年齢が成人前後でMAXとなり、

それから年齢をとるごとに落ちていくようです。

基礎代謝の平均値
厚生労働省より

中年になるに従って太りやすくなるということの一つの要因といえますよね^^;

基礎代謝を上げるには、

血行を改善したり、筋トレ等で上げることができます。

温かいお風呂にゆっくりつかったり、寒い環境に長く身を置かないことを心がけましょう。

なんせ、何もせずにじっとしているだけで

カロリーを消費してくれるという事はこれほどいいことはありません♪

もちろんそれだけで痩せれたら苦労はないのですが。。。(笑)^^;

 

太りにくい食事を食べる順番、ダイエットを効率的に!!

sm003_m

普段どのように食事をしていますか?

摂食制限や運動をするのもいいのですが、

実践していただきたい、

食べる順番を変えるだけで脂肪の吸収を抑えることができる方法がありますので、

是非参考にしてみてください。

出来る限り太りにくい食べ方

  まず   野菜類 余分な脂肪や糖分の排出を効率的にしてくれる効果があります。サラダ等の野菜系から手を付けましょう。

  そして  スープ系 この時点である程度空腹すぎるという感じを解消する効果があります。お腹が空いていると一気に食事をかけこんでしまうが、ある程度お腹が一杯になっていれば、しっかりと噛んでから飲み込むという習慣付けにも役立つ。

  それから 肉・魚 野菜とスープのおかげで脂肪や野菜を吸収しまくるという事態を避けるという効果を発揮します。

  最後に  主食 ご飯等はお代わりという裏ワザが使えてしまったりするが、一連の流れでお代わりも最小限にとどめることができる。

という順番で食べる事が重要です。

食べる順番を工夫することで、

同じものを食べたとしても、太りにくいという状態をつくることができます。

この順番で食べることには2つの作用が働きます。

まず第一に、

血糖値が上がりやすいということです、
血糖値が上がりますと脂肪として体内に吸収される食物の割合が減りますので、
効果的というわけです。

逆にお腹ペコペコになった状態で一気に主食などの炭水化物や糖分等から食べ始めますと、
一番太る食べ方をしてしまうということもなります。

そして第二に、
この順番で食べることによって、

満腹中枢が刺激され必要以上の食欲で過剰な食事をしなくても済む

ということになります。

この順番はフレンチのフルコースの順番にも似ていて、人が大体お腹がいっぱいになりだすのが、20分位と言われていますが、その時間稼ぎとしても約に立つという感じです。

いつもサラダを用意できなという人の対処法

とはいったもののサラダを毎回食前に食べるというのは結構難儀です。

毎食サラダを摂取できているという方がいたらすごいなと思うのですが

実際結構めんどくさいし、時間がないなどでそうもいかないのが現状です。

そこでこの様な食物繊維を含む食事制限をせずに簡単ダイエットができる『カロリストン』というサプリメントを常備しておけば、毎回糖質や脂質等の吸収を抑えてくれる環境を胃の中につくるこができます。

カロリストンのの効果はこちらのサイトでも詳しく書かれているので参考になると思います。

水野 空さんのカロリストンの最安値購入方法と体験レビュー

食事

ぽっこりお腹は腹筋運動では痩せないのか?

「ぽっこりお腹をませたい。」
というよりは、

「俺は妊娠しちまったのか???」と…
男なので、するはずもないのですが、
そんな自問自答で始まった。

ぽっこりお腹ダイエットでしたが、
いったいどんな、運動をすればいいのか…と

ここで、すぐ思いつくのが、腹筋
お腹についてる肉だから、お腹の肉を削ぎ落とそうと腹筋。

実は当初ダイエットし始めの頃は私は腹筋を気張ってしたものでした。(*_*)

ポッコリお腹に腹筋は有効か….(?_?)

いきなり始めると、筋肉痛になり、二、三日で萎えてくるのですが、
ふとある日よくよく調べると、
お腹を凹ますのが、目的であれば腹筋だけはいささか遠回りです。

というのも、
腹筋では有酸素運動までたどり着きにくく、
脂肪燃焼まで届かない事が多いからです。

有酸素運動とは、
文字通り酸素が、必要である運動ですので。
酸素を消費しながら脂肪を燃焼しています。
理想的には20分以上といわれてますが、

かといってそれ以下の有酸素運動が、全く無意味ということもありません。

元々脂肪もそこまでついていない、
それに加えて、「割れた腹筋にしたい!!」という方は
腹筋は効果的です。
逆に有酸素運動をするよりもいいのではないかと思われます。

筋肉がつくことと、脂肪を燃焼することで比較すると、
ポッコリお腹対策としては、やはり脂肪の燃焼の方をとって近道するのがいいと思われます。

しかし、腹筋を長期的に継続してできるという、マッスル君は話が別です。(笑)

一番有効な運動方法とは

有酸素運動と筋トレどちらかをとるといえば有酸素運動ですが、

一番有効な運動方法はその組み合わせ、そして継続時間と言われています。

つまりよくありますのが、

有酸素運動を引き起こす運動であれば、大概の事はぽっこりお腹に有効ですので、

有酸素運動の状態を作りながら、

筋トレ的な状態もかね合わせて組み込んでいくというやり方です。

そして継続的に取り組むというこがかなりの鍵になります。

例えば最近有名なこちらのTRFのエクササイズなんかもその一例です。

「exabody」というブランド名で今大変人気のようですね。



ウォーキングするとは別に、筋トレ的な動きも混ぜつつというところが

筋トレと有酸素運動のバランスがとれていて効果的。

そして何よりも楽しめるというところが、継続の秘訣でしょうか。

例えば、スポーツジムなんかでも、よくありますのが、

音楽に合わせて激しい動きをトレーナーとともに

運動していくエクササイズなんかがそうですよね。

ダンスが楽しそうだからとか、

ウォーキングが好きだからという理由でエクササイズ を選択するのが一番かもしれません。

何よりも継続できなくてその後の、リバウンドが怖いので…

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル